結婚指輪の上手な選び方をご紹介


知っておきたい結婚指輪の基礎知識

埋め込む石の考え方

埋め込む石の考え方 結婚指輪は婚約指輪と比べると、控えめなデザインのものが多いのが特徴です。シンプルな金属のみでできたものもありますが、宝石が使用されているものもあります。
結婚指輪の中にはわざわざ外側から見えない、リングの内側に埋め込まれていることも少なくありません。そのため、何のために内側に埋め込むのかと考える人は多いのではないでしょうか。
結婚指輪に埋め込まれることが多いものには、まずダイヤモンドが挙げられます。ダイヤモンドは地球上で最も硬いとされている物質であるため、不変の意味があります。変わらない愛を意味しているのがダイヤモンドです。
また結婚指輪には、誕生石を埋め込むことも少なくありません。夫の指輪には妻の、妻の指輪には夫のといった具合に互いの生まれた月のものが選ばれることも多くあります。
これをするかどうかは好みですが、互いのものを指輪に付けることで身近に感じられるという意味があります。記念になる指輪を購入したい場合には良いでしょう。

結婚指輪のタイプは自身とのバランスを重視するべし

結婚指輪のタイプは自身とのバランスを重視するべし 結婚指輪は指に身につけるものなので、指の形や大きさなどのバランスと肌色との相性が大切です。
結婚指輪はア-ムの太さと装飾品の大きさがポイントです。自分の手元を客観的に見てどう見られたいかを考えます。太いア-ムに大きいダイヤという組み合わせのタイプは、華奢な指の人にとっては存在感が出過ぎてしまって自信が霞んできてしまいます。
その場合は、太いア-ムに立体感を抑えたダイヤが埋め込まれているものだと存在感を出しつつバランスの良く見せられます。逆に華奢に見せたいという人はV字やウェ-ブ型でも調整できます。
また、色は印象に大きく影響します。色味は大きく三つに分けられます。ク-ルな印象のシルバーと華やかなゴ-ルドや可愛らしい印象のピンクゴ-ルドなどがあります。
自分のパーソナルカラーを知っていると選ぶときに非常に役立ちます。
パーソナルカラーは最近ではアプリや自己診断が可能ですが、的確に知るにはプロに診断してもらいましょう。選ぶ時はぜひ色々なタイプの結婚指輪を実際に身に着けて、第三者もしくは鏡越しに手元と自身の全体の雰囲気などを見てもらいましょう。
バランスよく合わせて考えてみてください。


Copyright 2022 知っておきたい結婚指輪の基礎知識 All Rights Reserved.